家 茨城県 天然素材 グラウンドホーム

テクノロジー

断熱

「吹付断熱仕様」グラウンドホームの吹付断熱は、これからの時代にマッチした、健康・快適な住宅環境をつくります

建築物省エネ法にもフレキシブルに対応

●しっかり断熱した、等級4超の家(「住宅事業建築主基準の判断の基準ガイドブック」において、一般的な設備機器との組み合わせで基準を達成できる断熱性能)

2016年4月1日より段階的に施工されている建築物省エネ法。
2020年までに予定されているすべての新築住宅を対象にした平成28年省エネ基準への適合義務化や、標準的な新築住宅でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現に向けても、グラウンドホームの吹付断熱ならフレキシブルな対応が可能です。

高い断熱性能をサーモグラフィーで検証 グラウンドホームの吹付断熱施工

グラウンドホームの吹付断熱は、硬質ウレタンフォームを現場で水の力により発泡し、吹付け施行する今までにない断熱材です。従来のグラスウールなどの断熱材は現場の施工部分に合わせてカットし、貼っていくため細かい部分に隙間ができてしまう事がありました。
グラウンドホームの吹付断熱では硬質ウレタンフォームを現場で発砲し、吹付け施行するため細かい部分にも隙間なく充填でき、接着性も高いため安定した断熱効果を得ることができます。

壁の中に隙間ができると壁体内結露が発生しやすくなります。壁の中の結露はカビや構造材の腐朽の原因となるだけではなく白アリがつきやすくなり、住まいの耐久性を低くしてしまいます。吹付断熱は湿気を通しにくく、また、隙間を作らないため壁内結露が発生しにくい安心な断熱材です。

吹付断熱には、断熱効果以外にもメリットがあります。
隙間の生じない吹付断熱では、従来隙間から入り込んでいた外部の騒音や気になる内部の生活音の漏れをシャットアウト。柔軟性にとんだ吹付断熱は微細連続気泡構造で、一般的な独立気泡構造と比較し、吸音性に優れています。そのため、騒音の少ないプライベート空間を維持します。その他にも多くのメリットがあります。

吹付断熱施工の吸音
このページのトップへ
本部・株式会社鶴亀
茨城県小美玉市大谷790番29 TEL:0299-47-0881
つくば展示場
茨城県つくば市研究学園6-51-12他 つくばハウジングパーク内 TEL:029-879-8081
石岡展示場
茨城県石岡市石岡13466-2 TEL:0299-27-8300
土浦展示場
茨城県土浦市下高津4-19-7 土浦住宅公園内 TEL:029-875-7331
水戸展示場
茨城県水戸市笠原町561-1 読売ハウジングギャラリー水戸内 TEL:029-240-3411
ひたちなか展示場
茨城県ひたちなか市西光地2-16-1 TEL:029-297-9801

事業エリア

茨城県全域
大子、高萩、北茨城、日立、常陸太田、常陸大宮、那珂、東海村、ひたちなか、水戸、大洗、茨城町、笠間、小美玉、石岡、かすみがうら、土浦、古河、結城、龍ケ崎、下妻、常総、取手、牛久、つくば、鹿嶋、潮来、守谷、筑西、坂東、稲敷、桜川、神栖、行方、鉾田、つくばみらい、その他
Copyright (C) 2011 Ground Home. All Rights Reserved.